前立腺肥大で10年ほど苦しんでいます。処方される薬だと自律神経が狂う感じがします

「10数年ほど前立腺肥大の症状で苦しんでいます。最初セルニルトンを処方されましたが、私にはあまり効果が無く、漢方薬等も試しました。

 

私の場合、夜にオシッコに行く回数が多く困っていたのですが、薬、漢方薬もダメで、前立腺肥大の場合、次の段階に進むと逆にオシッコが出にくくなる症状が起きるのですが、こちらの方がきついです。

 

そうなると、ハルナールやユリーフ、アルファーブロック等の薬を処方されますが、これらを飲むと、一時的に良くなるのですが、生活のリズムが狂うというか、夜、喉が乾く症状が出てきて眠れなくなりました。こんなに喉が渇くのが辛いのかと感じました。

 

それに加え、逆射精や、オシッコが出るような出ないような、オシッコを自分でコントロール出来ない感覚が出て、感覚が麻痺したようになりました。自律神経がおかしくなったような感じです。

 

前立腺がんの検査もしましたが、何も問題が無く、また2年後に検査をしましょうと言うだけで終わりです。肝心のオシッコが出にくくなる問題は何ら解決されません。

 

みつばち花粉を飲み始めて結果に驚いておりますが、まだ一ヶ月なので分からないところがありますので、続けてみて様子を見てみたいと思います。

 

自分でトイレに何回行ったか等記録を取っていて、何が効いて、何が効かなかったか等症状を細かくメモしています。

 

他の人にもみつばち花粉を勧めようと思っていますが、必ずしも自分の様に合うとは限らないと思いますので、今のところ自分だけの感想として持っています。」

 

(60代男性)

 

※効果効能に関する表現は薬事法に関係する為、変更させて頂いた上で掲載させて頂いております。

 

 

 

 

トップへ戻る