ラブラドールレトリバー。去勢済みですがオシッコが出にくくなりました。

飼主を見つめるラブラドールレトリバー

「ラブラドールレトリバー23キロ。去勢済です。

 

来月で13歳になります。半年前からオシッコが出にくくなり病院へ。

 

診察で、前立腺が一部石灰化して尿道が狭くなっているとの事。

 

消炎剤と前立腺の薬を飲んでいましたが、それでも良くない時もあって、
弱めの抗がん剤を一日おきに飲んで3か月くらいたちました。

 

オシッコは出ていますが血尿が時々あり、尿漏れは常にありますので、
マナーベルトを着用しています。

 

また、1カ月程前から下痢をしています。やわらかかったり水のような
感じの時もあります。薬を飲み始めてから気のせいか色素が薄くなって
きているような気がします。

 

抗がん剤を使用していますが、がんではないと思います。
症状が緩和されるため抗がん剤を使用しているようです。

 

ご飯は手作りで生肉(ラム、馬肉、牛、カンガルー、鹿)おかゆ、野菜をずっとあげていましたが、自己流のご飯のせいなのかしらなどと考えたりもします。

 

次回、病院へ行く前にサプリメントを試してみようかなと思いました。
宜しくお願いします。」 

 

岩手県M様 

 

細胞壁破砕みつばち花粉を定期コースでご利用中。

 

チェックのサイン 頂きましたコメントで、手作りのご飯のことがありましたが、
弊社のお客様の中でもドッグフードから手作りのご飯に替えられておられる
飼い主様は多いようです。

 

ワンちゃんの様子を見ながら、飼主様ご自身で色々と試行錯誤を繰り返されて
ワンちゃんに合った食事を与えられておられます。

 

お肉の種類に関しましては、鶏肉を使われておられる方が比較的多いようです。

 

市販のドッグフードも手軽に利用でき、時間短縮になり良い面もありますが、
塩分量が多かったりしますので、注意が必要な場合があります。

 

また、なるべく保存料、着色料等の添加物が極力入っていないものがワンちゃんの負担にならないので、ご利用される場合はそのような点をご注意されると良いと思います。

 

 

トップへ戻る