性交渉の後、猛烈な頻尿感を覚え、今も残尿感や頻尿に悩まされています。

悩む男性

 

 

お客様から頂いた性感染症に関するお悩み

 

5月上旬。ある女性と性交渉。その4日後に残尿感と共に排尿終了時に
痛みを覚えました。

 

性交渉から1週間後、性感染症かもしれないと思い泌尿器科へ。

 

そこで検尿検査しましたが異常なしとの診断で、治療も投薬もなく、
とりあえずは安心しました。

 

ところが、6月上旬、猛烈な頻尿感を覚え、行きつけの内科へ行き、
『クラビット』を2週間分処方してもらいました。

 

その結果、頻尿感はマシになったのですが残尿感は消えませんでした。
その後、個人的に『猪苓湯』を2週間、『竜胆瀉肝湯』を約1ヶ月服用
しましたが思ったほどの症状の改善はみられませんでした。

 

9月中旬。今度は陰嚢と肛門の間辺りと陰茎の付け根辺りに鈍痛や不快感
を覚えるようになりました。

 

この時、以前からの残尿感と頻尿は続いておりありました。
そこで別の泌尿器科へ行き、前立腺マッサージ後、検尿・培養し雑菌が多いと診察されました。そして、抗生物質を処方され、低周波治療および臀部への
注射を受けました。

 

約1ヶ月後、菌はいないと診断され通院終了しました。

 

やっと治ったと思い、ほっとする気持ちでした。この時、まだ少し違和感を感じていましたが、残尿感や頻尿は気にする程ではなくなっていました。

 

11月中旬。就寝中に漏れるような尿意を覚え目が覚めました。

 

これまで就寝中はそういうことはなく、一度寝てしまえば朝までぐっすりでした。そしてまた内科へ。前回とは別の抗生物質を各1週間分ずつもらいました。都合2週間服用し夜間の尿意は治まりましたが、代わりに昼間の残尿感、頻尿が再発しました。現在も残尿感、頻尿があります。

 

以上がこれまでの経過です。最初に行った泌尿器科が合わなかったせいか、
余計な病状悪化を招いた感じを否めません。

 

もっともそこで安心した私がいけなかったのでしょうが。。。
それに抗生物質を飲み過ぎたせいか、胃腸の調子が悪くなってしまいました。
そのせいか、軽い便秘や下痢になったりしています。

 

何か良い方法はないかとネットで検索してみたところ、貴社のサイトを見つけました。ぜひ、試してみたいと思いますので『細胞壁破砕みつばち花粉』のサンプルを送付していただきたいと思います。よろしくお願いします。

 

大阪府N様 30代男性

 

(細胞壁破砕みつばち花粉を約9ヶ月ご利用頂きました。)

 

注目サイン 性交渉で何らかの菌に感染し、頻尿や残尿感に悩む方は少なくないようです。慢性化すると厄介ですので、出来るだけの感染予防をしておきましょう。

 

性感染症の主な種類

 

性器クラミジア:

日本で最も多い性感染症と言われています。

 

原因菌:クラミジア・トラコマティス

 

感染から症状が出るまでの期間:1週間〜4週間程

 

喉にも感染することがあるので、オーラルセックスでも感染の可能性が
あります。

 

主な症状

 

●排尿痛

 

●尿道不快感

 

●片方または両方の陰嚢の腫れと痛み

 

●関節の痛み

 

●尿道から透明や乳白色の膿

 

※注意点:放置すると前立腺炎や精巣上体炎になることがあります。

 

淋病:

日本で2番目に多い性感染症と言われています。

 

原因菌:淋菌

 

感染から症状が出るまでの期間:2日〜7日程

 

主な症状

 

●排尿痛

 

●尿道の痒み

 

●尿道からの膿や出血等

 

雑菌性尿道炎:

●感染原因:雑菌が付いている手で性器を触れたり、
傷口から雑菌が体内に入り発症します。

 

感染から症状が出るまでの期間:1日〜10日程

 

主な症状

 

●排尿痛

 

●尿道の痒み、不快感、

 

●尿道からの膿等

 

性器ヘルペス:

原因菌:ヘルペスウイルス

 

感染から症状が出るまでの期間:2日〜7日程

 

主な症状

 

●性器に小さな水泡が多くでき、痛みと痒みが伴います。
繰り返し再発する可能性が高いと言われています。

 

性感染症の予防法

 

@コンドームを使用する:

射精直前に装着するのでは感染症予防にはなりません。
勃起してから着けましょう。

 

※口や身体の傷口から感染する場合もありますので、完璧ではありません。

 

A不特定多数の相手との性交渉を避ける:

●理想的にはパートナーとは1対1で、お互いが検査を受けて性感染症に
掛かっていないことを確認しておくことでしょう。

 

B性交渉前後に、シャワーを浴び、排尿、排便をする:

●性交渉の前後にシャワーを浴び、出来るだけ性器や身体全体を
清潔にしておき、菌の感染を出来るだけ防ぎましょう。

 

性感染症の対処法

●感染が疑われる場合は出来るだけ早く泌尿器科を受診し、
治療を開始することが大切です。

 

●治療では自己診断で勝手に薬の服用を止めたりせず、
きちんと医者の指示に従いましょう。

 

●早期発見、早期治療で症状の悪化を防ぎましょう。

 

トップへ戻る