悪性血管肉腫で脾臓摘出手術をして術後5ヶ月になる愛犬

老柴犬

 

『犬の前立腺肥大について調べていたところ、こちらへお邪魔しました。 サンプルをいただきたいのですが、なにせ薬やサプリメント類を飲ませることが非常に難しい犬でして、今まで何回も断念した経緯があります。

 

サプリメントでなくても身体に良いオイル(アマニ油やココナッツオイル)もフードの上にかけるだけで『食べない』のです。たぶんクセがある味なのでしょう。 何かにくるんでも器用に中身の薬だけ出します。 犬も私もストレスになり苦痛を伴うのは嫌なので…』 (サンプルをご注文頂いた時に頂きましたコメントです)

 

 

『先日はサンプルをお送りくださりありがとうございました。 早速、飲ませています。スプーンで粉状にして与えましたらフードを含めて食べず… スライスチーズやおやつに挟んでもうまく錠剤だけを吐き出し…。

 

粉状にするためにニオイや味が拡散してしまうのかも?と思いまして錠剤のまま大好きな食い付きの良いウェットフードに潜りこませて与えたところ食べてくれました。この方法でどれだけやれるかわかりませんが。

 

愛犬は、『悪性血管肉腫』と言われ、脾臓摘出手術をして術後5ヶ月になります。余命宣告もされ、 数ヶ月から1年と言われています。

 

脾臓摘出のため最近貧血が酷く散歩を嫌がります。たぶんしんどいのでしょう。脾臓はなくても大丈夫と獣医師は言いましたが、やはり必要ない臓器はないのですね(脾臓は血液のプールと聞きますから) 。

 

あとは若い頃に去勢をしなかったために前立腺肥大になったと言われています。これは医師によって(去勢をすること)賛否両論ありますけれど。 あとは頸椎ヘルニアがあったり歯周病があったり…

 

前立腺肥大も歯周病(歯石除去)も全身麻酔が必要なため、シニア犬であることや5月に脾臓摘出手術をしたばかり…などの理由で 保留になっています。
とにかくサプリメント類(薬も)すんなり飲んでくれたためしがなく、いつも大変な(お互い)ストレスです。

 

癌になってから数種類のサプリメントを与えていましたが、今はみつばち花粉だけです。 食材でも抗がん作用のあるものを与えています。 アマニ油やココナッツオイルは数回は口にしましたが、今は断固拒否です。 貧血に良い 液体シロップ(ペットチニック)もダメでした。今はみつばち花粉にかけています。 1日に2粒は多いですか? 体重14キロほどです。』

 

 

(弊社からの返信)
この度は大変詳しいメールをお送り下さいまして、誠に有り難うございます。ワンちゃんの為に出来る限りのことをされておられるご様子が伝わってまいりま した。

 

ワンちゃんはみつばち花粉をそのまま粒の状態では食べてくれたとのことで良かったです。次第にみつばち花粉の味に慣れてくれることを願っております。

 

一日の量につきましてですが、14キロのワンちゃんですと2粒だと問題ない量だと思います。もし量を増やされていかれた場合に下痢をするような症状が出た場合は量を減ら して様子を見られてください。

 

 

『3週間前から体調不良で(10月6日時点で)もって1ヶ月と言われています。身体のどこかで出血しているらしく貧血が酷く寝てばかりです。幸いみつばち花粉に貧血の改善効果があるようですので 1日に3〜4粒飲ませています。 食欲低下なので飲ませるのに苦労しますが…。 

 

せめて、命ある限り生活の質(QOL)を落とさず苦しまず(願望)、願わくば奇跡が起きて癌細胞消滅を祈るばかりです。』 

 

 

『愛犬のこと、 ご心配下さり、ありがとうございます。 今朝、8時50分にお空に帰っていきました。最期まで頑張って生き切った犬生でした。

 

人間と違い、淡々と自分の状況を受け入れ 泣き言や愚痴を言う事なく、最後まで生きようとする姿に、辛いけれども真っ正面から向き合わなければと思い闘病生活を送ってきました。

 

今日は日曜で家族も揃っていましたので火葬も済ませ、今はリビングにいます。

 

悲しみと喪失感 虚無感で心はいっぱいですが 泣くだけ泣いて少しずつ自分を取り戻せたらと思っています。

 

去年、そして今年で3匹もの愛犬が亡くなり、神も仏もないものかとこの辛い悲しみには何の意味があるのでしょうか。

 

残された犬2匹と猫2匹。まだ守り、看取る責任がありますから、明日からまた頑張ります。

 

姿、カタチはなくなっても私の心の中であの子たちは生きています。』

 

神奈川県K様

 

弊社みつばち花粉をご利用くださり、心より御礼を申し上げます。

 

ワンちゃんも大事にされ幸せだったことと存じます。ワンちゃんのご冥福をお祈り致します。

 

トップへ戻る