前立腺肥大で、夜間頻尿、排尿痛で苦しんでいます。

夜間頻尿

 

「私の症状は夜間頻尿で、ここ2,3年、毎晩多い時で5,6回。
少ない時で2,3回起きます。どうも前立腺肥大のようです。

 

また、排尿痛もあり(陰部の先っぽの方)、仕事でのストレスも関係している様で、何かストレスを感じることがあった時に症状が悪化します。

 

切迫頻尿の様か感じになる時もありますし、トイレに行っても量があまり出ない時もあります。

 

夏場には頻尿の症状は少なくなります。また、便秘になると頻尿になります。

 

以前、他社の花粉入りの商品を飲んでいた時、少し改善されたので、花粉がいいのではないかと思いました。

 

サンプルを試してみて何も問題なかったので、暫く試してみたいと思います。」

 

初回ご注文時のコメント。

 

東京都T様 50代男性

 

注目サイン 夜間頻尿の症状が長引けば睡眠不足で体調不良になりやすいので、
早めの対策が必要です。

 

夜間頻尿の原因として考えられるものとしては、以下のようなものがあります。

 

1.就寝前に水分又はコーヒー等のカフェインの入ったものを飲む習慣がある。

 

対策:膀胱に一定量以上の水分が入ると尿意が出ますし、カフェインには利尿作用があります。

 

知らず知らず習慣となっていて、自分では気付かない場合もよくありますので、寝る前の習慣を見直してみましょう。

 

 

2.体が冷える。

 

対策:「冷え」は膀胱を刺激し、排尿をしたくなる要因となります。

 

特に冬場は身体を冷やさないよう、しっかりと防寒対策をしてから就寝するように心掛けましょう。

 

特に、首、手首、足首の3首を冷やさないように注意しましょう。

 

また、就寝1〜2時間前にお風呂に入って身体を温めてから就寝するのも良いでしょう。

 

まずは以上の2点に気を付けてみてください。

 

 

以上の2点を行っても改善が見られない場合は、他の原因が考えられます。

 

3.前立腺肥大によって、膀胱や尿道が刺激、圧迫され尿気を感じる。

 

対策:前立腺は膀胱の真下にあり、前立腺の中を尿道が通っていますので、前立腺が肥大すると膀胱と尿道を刺激しやすくなり、そうれが頻尿につながります。

 

前立腺肥大に対しては、薬(漢方薬も含む)、サプリメントの利用がメインとなるでしょう。

 

先ずはサプリメントから始めてみても良いかもしれません。

 

いくつか試して見て、あまり効果を感じられない場合は泌尿器科を受診しましょう。

 

夜間頻尿は睡眠の質を下げ、健康を損なう原因になり得ますので、放置せずに早めの対策を取りましょう。

 

朝焼けの中で歓喜でジャンプする人

【自分でできる!前立腺肥大の対処法とは】

 

「薬は飲みたくない」、「病院も嫌い」、という方へ。「とりあえずは、自分で出来る事はやってみたい」という方のご参考になるはずです。

 

この記事を読む >>

 

 

 

 

トップへ戻る