癲癇があるミニチュアダックスフントが前立腺肥大と診断されました

飼主を見上げるミニチュアダックスフント

 

9才のMダックスです。診断で前立腺肥大といわれ、薬で腫れを抑えて様子を見ている段階です。

 

持病で癲癇(てんかん)があり、前立腺の診察でみてもらったエコーで心臓も肥大気味とのことで、薬ではない、何かいいものを探していて御社にたどり着きました。

 

長野県G様

 

※ご注文時のコメント。細胞壁破砕みつばち花粉を5年間ご継続中。

 

注目サイン お薬を長期間飲ませるのに抵抗感があり、出来るだけ薬以外のもので良くなればと色々とお探しの飼い主様は多いですね。

 

みつばち花粉がワンちゃんの健康のお役に立てていることを願っております。

 

トップへ戻る