慢性前立腺炎や前立腺肥大に使われるセルニルトンってどんなもの?

セルニルトン錠

 

クエスチョンマークが頭の上に乗っている男性

慢性前立腺炎や前立腺肥大と診断され、でセルニルトンを処方されている方も多いと思いますが、どんなものかよく分からずに飲まれている方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、

 

@:セルニルトンとはどんなものなのか?

 

A:なぜセルニルトンが処方されるのか?

 

B:セルニルトンの最大の特徴

 

C:セルニルトンを使用する際の注意点

 

につてい説明していきます。

 

 

セルニルトンとはどんなもの?

クエスチョンマーク

 

セルニルトンはスウェーデンで開発された排尿障害改善薬で、スウェーデン産の8種類の植物の花粉のエキスを主成分としています。

 

8種類の花粉の種類は以下の通りです。

 

トウモロコシ    ネコヤナギ

 

ライムギ      ハコヤナギ

 

チモシイ      フランスギク

 

ベーゼル      マツ

 

 

チェックの画像 なぜこの8種類なのかの理由は明らかではないのですが、おそらく明確な理由はないと思われます。

 

「前列康」という中国で販売されている前立腺疾病改善の為の商品の主成分は菜種花粉であることから、おそらく多くの花粉には前立腺疾病改善に繋がる成分が含まれていると思われます。

 

 

また、次の添加物が含まれています: 

 

グルコン酸カルシウム水和物,乳糖水和物,リン酸水素カルシウム水和物,バレイショデンプン,アルギン酸ナトリウム,ステアリン酸マグネシウム,タルク,黄色4号(タートラジン),青色2号。

 

矢印サインセルニルトンは、1962年にスウェーデンで慢性前立腺炎及び初期前立腺肥大症に効能を有する薬剤として承認され、日本では1969年に医療用医薬品として認められ、以来今日まで50年以上利用されています。

 

長崎大学泌尿器科の斉藤博士らはセルニルトンを使用し、慢性前立腺炎に8割かそれ以上の有効率が得られたと報告しています。

 

 

セルニルトンがよく処方される理由:

なるほどサイン

 

セルニルトンがよく処方される大きな理由として挙げられるのが、

@主原料が植物由来であり、副作用も軽微で健康に対する危険性が低く、漢方薬的な働きが期待できる点です。

 

Aまた、当然ですが国内の臨床試験で、前立腺肥大と慢性前立腺炎の諸症状に対しての有効性が認められています。

 

セルニルトンの最大の特徴:

 

花粉の画像

 

注目サイン

セルニルトンの最大の特徴は、花粉のエキスを主成分としている点でしょう

 

花粉は雄しべの精核(動物でいえば精子の核)で植物にとってはなくてはならないもので、非常に重要な成分を含んでいます。

 

チェックの画像 花粉の成分を分析すると、ビタミン、ミネラルをはじめ、ホルモンやタンパク質などあらゆる成分が含まれていることに驚きます。

 

花粉のエキスを使ったセルニルトンが慢性前立腺炎や前立腺肥大に有効であると分かったのは偶然からだったと考えられますが、花粉に含まれる豊富な栄養成分の中に慢性前立腺炎や前立腺肥大に有効な成分が含まれているのは間違いないようです

 

セルニルトンを使用する際の注意点:

リスク粉の画像

 

チェックサイン セルニルトンの使用にあたり注意すべき点は以下のようなものがあります:

 

成分に含まれる花粉に対してのアレルギー反応

 

セルニルトンには上記に示したように8種類の花粉が含まれており、その8種類の花粉に対してアレルギーを持っている場合はアレルギー反応が出る可能性がありますので注意が必要です。

 

胃の不快感や胃痛

 

下痢や便秘

 

皮膚の過敏症

 

胃腸の弱い方や下痢や便秘持ちの方、そして皮膚に問題がある方は前もってお医者さんに伝えておくと良いでしょう。

 

※もし上記のような症状が出た場合、使用を中止しすると症状も治まってくるようです。

 

■以上、セルニルトンについての説明をしてきましたが、如何でしたでしょうか?

 

セルニルトンは花粉のエキスが主成分で副作用も軽微で、注意事項を守れば安心して服用できるお薬の様です。

 

処方薬ですので、使用上の注意をよく守って服用する様にして、どうしても合わない場合は掛かりつけのお医者さんにご相談されると良いでしょう。

 

■弊社で販売している「細胞壁破砕みつばち花粉」は、みつばち花粉の豊富な成分を吸収しやすいように超微粉砕した健康食品です。

 

ご興味のある方は細胞壁破砕みつばち花粉についてをご覧ください。

 

>> サンプルのご注文はこちら

トップへ戻る