前立腺肥大で炎症があり、血尿が出るジャーマンシェパード3歳

野原で佇むジャーマンシェパード

 

『ジャーマンシェパードのオス3歳で体重は約40キロ。前立腺肥大で炎症を起こし尿に血が混じります。

 

病院からホルモン剤を処方され、飲ませると症状は治まりますが、半年くらいするとまた元に戻ります。

 

ホルモン剤は肝臓にも負担がかかるのが心配で、去勢も考えましたが、去勢するとがんになる可能性が高くなると聞いたので、自然のもので症状が良くなればと探しておりましたところ、娘がインターネット検索で御社を見つけ、「お母さん、これだよ!」って教えてくれました。

 

大事な家族の一員です。愛犬が元気がないと家族みんなも元気がなくなるので、何とかして治してやりたいです。』(サンプルご注文時のコメント)

 

 

『みつばち花粉は、今は1粒/1日をお昼ご飯時に与えています。愛犬の体に合っているようで下痢もありません。

 

まだ様子をみながらの状態ですが、体に良い成分が入っているのでみつばち花粉は大きな力となりそうです。

 

愛犬の体調をみながら末永く付き合っていこうと思っていますので、今後とも宜しくお願いします。』 千葉県I様

 

注目サイン 飼い主様のお気持ちとしては、手術や薬の長期の使用はなるべく避けたいのが当然だと思います。みつばち花粉がワンちゃんの健康に役立てますことを願っております。

 

トップへ戻る