先天性疾患持ちのコーギー15歳。前立腺肥大と前立腺炎で抗生剤で治療中です。

上目使いで飼主を見つめるコーギー

「愛犬15歳が先日、前立腺肥大と前立腺炎もしくは前立腺腫瘍との診断を
受けました。

 

高齢で先天性疾患持ちのため手術などはせず、現在、抗生剤治療を開始し、
経過を見てホルモン剤投与も検討中です。

 

少しでも症状が改善される何か良いサプリはないかと検索し、
御社にたどり着きました。

 

少しでも症状が改善してくれたらと願っています。
どうぞ宜しくお願い致します。」

 

 

「このたびは、大変お世話になっております。

 

サンプル注文後、早々に発送していただき、利用を開始しております。
同封頂きました説明書を読みながら、12キロのコーギー犬ですので、
まずは朝夕で一錠ずつ与えていますが、幸いにも錠剤をバリバリと美味しそうに食べてくれております。

 

このまま症状が緩和されることを祈るばかりですが、とても期待しています!

 

質問ですが、12キロの犬の場合、1日に最高で何粒まで食べさせていいでしょうか?上記にも書きましたが、現在は1日2回朝夕1錠ずつ与えています。」

 

大阪府 S様

 

 

ご親切にワンちゃんの詳しい状況も教えて頂き、御礼を申し上げます。

 

ワンちゃんはみつばち花粉を美味しそうに食べてくれて何よりです。

 

■さて、ご質問の件につきましてですが、

 

弊社の細胞壁破砕みつばち花粉はお薬ではありませんので、
一日の制限量は特にありません。

 

量の上限の見極め方としましては、ワンちゃんが下痢をするように
なりましたら量が多いということですので、その場合は元の量に
戻されてください。

 

現在の量から増やされる場合は、一気に増やされず、1粒ずつワンちゃんの
様子を見られながら、徐々に増やされて行かれる方法をお薦めします。

 

以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

 

また何かご不明なことがありましたら、お気軽にお問い合わせを
頂けましたら幸いです。

 

注目サイン ワンちゃんの病気の治療に長期間の薬の投与が行われる場合、
薬の副作用によるワンちゃんの健康への不安を持たれている飼主様は少なく
ないようです。

 

また、先天性疾患持ちのワンちゃんの場合、普段からのケアが大切ですね。

 

みつばち花粉がワンちゃんの健康のお役に立てますことを願っております。

 

トップへ戻る