14歳の愛犬。去勢を勧められましたが、麻酔の副作用が心配で手術を思い止まりました。

眠たそうにしている犬

「14才の雑種の雄です。半年位前に血尿が出て獣医に連れていき、肛門に指を入れて調べたら前立腺が腫れているとの事で、1週間分の薬をもらい、症状は治りました。

 

ただ、先月首に3センチ位のしこりを見つけ、獣医に行き細胞検査をした所、
脂肪の固まりだと言う事で、去勢と一緒に切除する予定でしたが、
14才の高齢犬と言うのが頭から離れず、また、麻酔からの副作用が無くはないと思い、悩みに悩んでキャンセルしました。

 

また、最近散歩から帰りブラッシングをしてる時に片方の後ろ足がブルブル震えてるのに気付き、色々調べましたら鹿肉が良いとの事で、鹿肉のフードと
さつまいも、人参、キャベツと混ぜて少しずつ食べさせております。

 

そんな時に御社のサプリメントを見つけました!どうにか去勢手術しなくて
前立腺の腫れをなくせるならと思い試してみたいです!」

 

青森県S様

 

注目サイン 高齢犬の場合、愛犬の身体への負担や麻酔の副作用の可能性を心配されて手術を思い止まる飼主様は少なくないようです。緊急ではない場合は、慌てず納得がいくまで担当医とじっくり代替案を探られるのも一案だと思います。

トップへ戻る