去勢しても前立腺が肥大するのはなぜ?

浜辺を歩く犬

 

愛犬の去勢手術で知っておくべきポイント:

 

去勢手術は現在では広く行われていて、将来の為を考えて愛犬が若い時に去勢したり、あるいは、ある程度の年になって前立腺肥大と診断され、去勢手術を勧められて去勢する飼い主様も多いようです。

 

愛犬の排尿や排便の問題で病院へ行かれた飼い主様は、一度は去勢手術を勧められたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

ポイントマーク

前立腺肥大には、雄性ホルモンが原因の場合と、雄性ホルモン以外の原因があります。

 

一般的には、去勢手術=今後の前立腺肥大のリスクなし、安心、と考えがちですが、去勢手術後に前立腺肥大と診断され、なぜ!とがっかりされる事が意外とあるようです。

 

去勢手術をしても前立腺肥大になるのは、前立腺が肥大する原因が、
雄性ホルモンが影響する場合だけでなく、雄性ホルモンが影響しない場合があるからです。

 

注意サイン

前立腺肥大の原因が雄性ホルモンが影響する場合は、去勢によって雄性ホルモンを分泌する睾丸を取るため、再発の可能性はほとんどなくなると言われていますが、前立腺嚢胞(ぜんりつせんのうほう)など、雄性ホルモン以外が原因の場合があることは意外と知られていないことが多いようです。この場合、去勢後でも前立腺肥大が再発する可能性があるのです

 

それでは、雄性ホルモンが影響しない前立腺肥大の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

雄性ホルモンが影響しない前立腺肥大の原因とは:

 

ワンちゃんの老化に伴う雄性ホルモンの影響以外で前立腺が肥大する原因としては、前立腺嚢胞、前立腺膿瘍、腫瘍などが考えられます。

 

 

■<前立腺嚢胞>ぜんりつせんのうほう

 

前立腺内部に分泌液や出血に伴う液体が貯留した袋が形成された状態。

 

 

■<前立腺膿瘍> ぜんりつせんのうよう

 

前立腺の細菌感染が重度となり前立腺の中に膿(うみ)が溜まった状態。

 

 

■<腫瘍> しゅよう

 

前立腺ガンのような悪性の腫瘍。

 

これらは前立腺肥大の原因が雄性ホルモンではありませんので、去勢手術後も発生する可能性があります。

 

ですので、去勢手術をした後も、定期的な検査を受けられながら、体調管理や栄養面を注意して、ワンちゃんの健康にご注意下さい。

 

ワンちゃんの健康をお祈りしております。

 

飼主に抱っこされ喜ぶ犬

 

トップへ戻る